MENU
MENU
お問合せ・ご相談はこちら

ロゴ商標登録の必要性を解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゴ制作をする場合やデザインの依頼をする際には、少なからず「ロゴの商標登録」という言葉を耳にするでしょう。

一方、実際に何をするのか、何のためにするのかを知らない方も多いのではないでしょうか。

しかし、実はあらゆる手続きの中でも最も重要なものの一つであり、必ず知識を身に付けておく必要があります。

そこで本記事において、なぜ重要なのかを詳しく解説します。

これからロゴ制作をする方や新たなロゴが完成した方は、ぜひ参考にしてください。

ロゴは商標登録すべき

ロゴを商標登録すべき理由と、しない場合のデメリットをそれぞれ見ていきましょう。

自社の利益を保護する

自社製品やサービスのロゴを商標登録することで、当該製品やサービスの利益を独占して確保できます。

つまり自社のロゴがついた製品の利益は自社だけのものとなるのです。

また、公的機関に正式に認められたロゴとしての権威性が生まれ、顧客の会社や製品に対する信頼度・安心感の向上に貢献します。

さらに、模倣の防止にも繋がり、万が一類似のものが現れた場合でも、法的に抗議することが可能です。

他社からの権利侵害を受ける心配なく、安心して継続的に自社のロゴを使用できます。

商標権を利用して利益を得られる

商標権は売却可能なものです。

そのためロゴの価値が高くなった際に他社に譲ることで、大きな利益を獲得できるでしょう。

また、「ライセンス契約」を結んで他社の使用を認めることで、使用料を徴収できます。

実際に商標権の売却やライセンス契約を通じて、新たな事業スタイルとして利益を上げている会社も増えているようです。

ロゴを商標登録しないデメリット

デメリット1:信用度が下がる

ロゴの商標登録をしない場合、模倣・類似したロゴの出現に抗議することができません。

似通ったロゴが蔓延すると商品の混同などを招き、顧客にとっての会社・製品の信用度が下がる恐れがあります。

さらに、類似ロゴのついた商品に本来の利益を奪われてしまいかねません。

デメリット2:先を越される危険がある

商標登録はいわゆる「早い者勝ち」の手続きです。

極端な話、例え自社が一から制作したロゴであっても、第三者が自社ロゴを商標登録してしまう恐れがあります。

その場合、自社が制作したロゴの使用を差止めしたり、法的に抗議したりできず、自社ロゴが使えなくなってしまうという最悪のケースも。

デメリット3:他社の商標権を犯す恐れがある

商標登録をしないと、第三者が先に同じようなロゴの商標権を持っているかの確認ができません。

その場合、知らないうちに他社と似通ったロゴを使用してしまい、商標権を犯すリスクがあります。

その場合、差止請求により当該ロゴのついた製品の販売ができなくなる事態に繋がります。

また、損害賠償請求など法的に裁かれ、社会的信用度を失いかねません。

商標登録が認められるということは、類似したロゴがないことの裏返しの保証になります。そのため安心して継続的に自社ロゴを使えるようになるはずです。

また、実際に商標権を登録する前には、ロゴ作成時に著作権を侵害しないための注意点の記事でまとめているような点に注意するようにしましょう。

商標登録をして継続的にロゴを使えるようにしよう

いかがでしたでしょうか。

今回はロゴの商標登録の必要性について解説しました。

登録をした場合のメリット、しない場合のリスクやデメリットについて理解していただけたと思います。

コストと時間をかけて制作した自社のロゴは慎重に扱いたいものですよね。

せっかく制作したにも関わらず、完成後に使用が難しいことが発覚してしまうと取り返しがつきません。

そのようなことにならないよう、ぜひ、本記事を参考にして早めに行動を起こすようにしましょう。

ロゴデザインの制作にお困りの方はこちらへどうぞ