MENU
MENU
お問合せ・ご相談はこちら

スタバのロゴのモチーフや意味について知ればデザインの魅力がわかる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

街の至るところで目にするスタバのロゴは、世界中から愛されるブランドのイメージを作っています。

スターバックスという名の由来は、コーヒー好きの航海士から来ていますが、ロゴにはどんな秘密が隠されているのでしょうか。

本記事ではスタバのロゴの秘密について紹介します。

 

人形をモチーフに採用

スタバの歴史とは切っても切り離せない、ロゴのモチーフは人魚です。

スタバのロゴはブランド誕生から3回変更されていますが、モチーフに使われている人魚は形を変えてずっと残されています。

この人魚のモチーフは「セイレーン」と言う、ギリシャ神話に登場する海の怪物です。

美しい歌声で人々を魅了していたとされる人魚なので、美味しい珈琲で多くのファンを獲得しているスタバのロゴに最適なモチーフと言えます。

ダークグリーンを基調に変更

2011年に変更された現在のロゴは、ダークグリーンのカラーを基調としていますが、ブランド誕生当初のロゴは珈琲をイメージさせる茶色がベースでした。

また、過去のロゴで使用されていた「coffee tea spices」と、「STARBUCKS COFFEE」の社名も消しています。

スターバックスは認知度がどんどん高くなり、今ではブランド名を表記せず、人魚のモチーフだけで認識できるブランドに成長したと言えるでしょう。

ロゴの変化でわかるスタバの歴史を

いかがでしたでしょうか。

本記事をお読みいただくことで、スターバックスのロゴの秘密をご理解いただけたと思います。

馴染み深いロゴでも意味を紐解いてみると、新たな発見が見えてくるものです。

ブランドの成長に合わせて、ロゴのデザインも変えることで、よりブランドイメージを確立できると言うことでしょう。

長年愛されるデザインを考える際は、既に高い知名度を誇っている起業のロゴを参考にしてみてください。

 

こちらはLogoLogoというロゴデザイン制作会社のサイトです。
見栄えの良いデザインを納品するのではなく、お客様のビジネスも見据えたデザインの提案を行っております。
ロゴデザインの制作にお困りの方はこちらのサイトをご参照ください。

ロゴデザインの制作ならLogoLogo