MENU
MENU
お問合せ・ご相談はこちら

ロゴ作成に欠かせない「ロゴガイドライン」の構成を徹底解説!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般の方にとって「ロゴガイドライン」は、あまり聞き慣れない言葉かもしれません。

しかしオリジナルのロゴを作成する際には、理解しておくべきものです。

本記事では「ロゴガイドライン」の意味とその作成方法を具体的にご紹介します。

 

そもそも「ロゴガイドライン」とは?

一言で言うと、その名の通り「ロゴに関するガイドライン」です。

ロゴは、企業やブランドなどがその存在を確立したり、周知させたりする目的で作成されるもので、許可なく使用することはできません。

では「絶対に使用できないのか」と言えばそうでもなく、一定の条件を満たすことでロゴを記載することができます。

その条件が明記されているのがロゴガイドラインです。

 

ロゴガイドラインに何が書かれている?

ロゴガイドラインを作成する目的の1つが「ロゴの標準化」です。

ロゴは、作成された時点でそのサイズや縦横の比率、色合いなどが決められています。

例えばロゴを勝手にアレンジして使用されてしまっては、独自のロゴを決めた意味がなくなってしまいます。

そこで「自社のロゴはこれだ!」と誰が見ても分かるように条件を統一することを「ロゴの標準化」と呼んでいます。

「ロゴの標準化」について記載したら、次はロゴ利用に関するルールの詳細です。

 

ロゴガイドラインの項目

商標登録について

企業やブランドが使用するロゴは商標登録をするのが一般的で、そうすることで他者が勝手に自社のロゴを使用することはできなくなります。

同じような意味合いで「著作権」ということばがありますが、著作権の場合は「自作のロゴだ!」と言われてしまうとこちらの権利は主張できなくなる可能性があるため、必ず商標登録をしましょう。

 

ロゴの使用目的

自社のロゴを使用する目的に関するルールを明記します。

例えば「ロゴを使用する目的は、何らかの媒体で当社を紹介する場合のみに限ります」などと記載しておくことで、乱用されることを防ぎます。

 

禁止事項

自社のロゴを許可なく使用することや勝手に編集・加工することなど、ロゴを使用するにあたり、禁止する事項を分かりやすく箇条書きで記載するのが一般的です。

 

カラー

ロゴは、原則としてバリエーションとして使用できる色合いが決められており、指定の色以外を使うのはルール違反です。

背景やイラストの上にロゴを載せるのはOKですが、いかなる場合もロゴがハッキリと認識できるように、という条件を付けることで存在感を残すことができます。

 

使用最小サイズ

ロゴの存在感を維持するためにも、ロゴの最小サイズを指定しておく必要があります。

あまり小さくなってしまうと、ロゴが潰れ目立たなくなり、ロゴを記載する意味がなくなってしまいます。

そうならないためにも、必ずmmやpxなどの単位を使って明確な数値を記載しましょう。

 

アイソレーション

アイソレーションとは、ロゴの周りの余白部分のことです。

「必ず左右にロゴの幅の1/3ずつ余白を取ってください」などと余白部分の割合を決めておくことで可視性が保たれます。

十分な余白がないロゴは目立たなかったり、他のイラストと合わさって別のロゴに見えてしまったりする可能性があるため、こちらも分かりやすく数値で示しましょう。

ロゴを作成したらロゴガイドラインを依頼するのも忘れずに!

いかがでしたでしょうか。

この記事を読むことで、ロゴガイドラインの内容や重要性についてご理解いただけたと思います。

ロゴの使用に関するルールを明確に決めておくことで、トラブル回避にもなります。

ロゴデザインと同時にデザイナーに依頼して、ロゴガイドラインを作成しておきましょう。

 

 

こちらはLogoLogoというロゴデザイン制作会社のサイトです。

見栄えの良いデザインを納品するのではなく、お客様のビジネスも見据えたデザインの提案を行っております。

ロゴデザインの制作にお困りの方はこちらのサイトをご参照ください。

ロゴデザインの制作ならLogoLogo