MENU
MENU
お問合せ・ご相談はこちら

ロゴの種類におけるそれぞれの特徴

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一般的に「ロゴ」と聞いたらどのようなものを想像するでしょうか?

「ロゴ」にはいくつかの種類があり、それぞれ異なる特徴・利点を持ちます。

そこで本記事ではロゴの大まかな種類とその特徴を紹介します。

ロゴ制作に携わる方やこれからロゴ制作の依頼をする方はぜひ参考にしてください。

ロゴの種類ごとの特徴を紹介

ここではロゴの種類ごとにその特徴を見ていきましょう。

ロゴタイプ

ロゴタイプとは企業やブランド名、商品・サービス名をデザイン・装飾した文字を意味します。

シンプルで分かりやすいため、顧客にとってはっきりと覚えられやすいことが特徴です。

高い宣伝効果が期待できるため、名前をしっかり覚えてもらいたい場合に適します。

シンボルマーク

シンボルマークとは企業理念やコンセプト、商品・サービスの特徴などを表現した意匠・象徴・マークを指します。

デザインに柔軟性が効き、象徴性が高いため世界観を伝えやすいことが特徴です。

また、文字ではなく図形であるため遠くから見ても分かりやすく、インパクトを与えられます。

シンボルマークを見ただけで信頼性や安心感をもたらせるでしょう。

アクセントロゴタイプ

アクセントロゴタイプとは通常のロゴタイプの文字に少し装飾を加えたものを指します。

一般的にロゴタイプは文字のみで構成されたシンプルな作りになりますが、単調な文字に遊び心が加わり華やかになるでしょう。

ロゴマーク

ロゴマークとはロゴタイプとシンボルマークを組み合わせたものを指します。

多くの企業で採用されているロゴの種類です。

ロゴタイプとシンボルマークのそれぞれが表現できない部分を相互的に補うことで、デザインの可能性が広がります。

ロゴマークを持つ企業は用途によって、ロゴタイプまたはシンボルマークのみで使用している場合もあります。

それぞれのロゴの役割やメリットを理解しよう!

今回はロゴの種類ごとの役目や利点を解説しました。

それぞれのロゴが持つ特徴を理解していただけたでしょうか。

日常で目にする企業やブランドのロゴには、そのデザインに意味があるはずです。

種類を理解した上でロゴを観察すると、新たな発見があるのではないでしょうか。

ロゴデザインの制作にお困りの方はこちらへどうぞ