MENU
MENU
お問合せ・ご相談はこちら

会社のイメージにあったロゴを作る方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自社の企業ロゴや商品・サービスロゴを作る際、どのような点を気にしますか?

顧客の目に触れる機会が多い分、会社のコンセプトや理念に適したロゴを作りたい方も多いと思います。

そこで本記事では、会社のイメージにあったロゴを作る方法を紹介します。

自社の大切なロゴを作ろうとしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

会社に合ったロゴを作る方法

ここでは会社にぴったりなロゴを作る方法を見ていきましょう。

会社の理念やコンセプトを理解する

ロゴは会社を象徴する「顔」となります。

CI(コーポレートアイデンティティ)を構成する要素であるVI(ビジュアルアイデンティティ)は、ロゴが果たす大きな役割の一つです。

会社の理念やコンセプトを理解しデザインしたロゴを使用することで、社内外にCIを広められます。

ロゴデザインのコンセプトの考え方とコツについては別で紹介しているので、こちらもぜひチェックしてみてください。

ロゴを通して表現したいことを明確にする

ロゴによって「何を表現したいのか」を意識することが、ロゴ制作の軸となります。

会社・ブランドの想い、商品・サービスの特徴などから一番伝えたいことを的確に選びましょう。

ロゴの実用性を考慮する

制作したロゴがどんなシーンで使われるのかをイメージすることも重要です。

理想を詰め込むのではなく、実用性・汎用性を念頭に入れた使いやすいデザインが求められます。

競合他社のロゴを確認する

商標侵害を防ぐためには、似たようなロゴが既に使われていないかを確認する必要があります。

また、自社のロゴにオリジナリティを出すためにも、他社のロゴを確認し差別化しなくてはなりません。

会社にあったカラーリングをする

「色」はロゴにおいて一番インパクトを与える要素になります。

青はクール、黄色はユニークさなど使用する色によって与える印象の幅も広いです。

会社のテーマカラーをロゴに使用しましょう。

シンプルで分かりやすいデザインにする

顧客に会社や商品・サービスを覚えてもらうことは、ロゴの目的の一つです。

ロゴを見ただけで安心感・信頼感を与えられるような、シンプルで分かりやすいデザインが好まれます。

会社の「顔」になるロゴの制作は慎重に

いかがでしたでしょうか。

会社のイメージに合ったロゴを作る際の重要なポイントがお分かりいただけたかと思います。

社内外において会社を代表するロゴの制作は慎重に行ってください。

ロゴデザインの制作にお困りの方はこちらへどうぞ