MENU
MENU
お問合せ・ご相談はこちら

ロゴデザインのコンセプトの考え方とコツの紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゴデザインを始める際、まずはロゴのコンセプトを決めなくてはなりません。

しかし多くの情報量の中、コンセプトを明確に絞ることが難しく感じる方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事ではロゴデザインのコンセプトの決め方とコツを紹介します。

ロゴデザインに取り組む方、コンセプト決定に苦戦している方はぜひ参考にしてください。

ロゴデザインコンセプトの決め方

ロゴデザインに取組む前に、的確なコンセプトを決める必要があります。

ここではロゴデザインコンセプトの決め方を見ていきましょう。

企業や商品について深く理解する

まずはロゴ作成対象の企業や商品について深く知るべきです。

ロゴを通じて伝えたい企業理念やビジョン、商品やサービスの特徴を深く掘り下げて理解する必要があります。

些細な情報がヒントとなりコンセプトを絞り込みやすくなることもあるでしょう。

顧客に伝えたいイメージを明確にする

ロゴは企業を代表する「顔」となります。

ロゴを目にすることで、顧客に持ってもらいたい会社や商品のイメージとはどのようなものなのかを把握しましょう。

ロゴの目的やイメージがはっきりすると、色やフォントなどの構成要素も決まり、コンセプトがまとめやすくなります。

ターゲット層を見極める

会社や商品・サービスのターゲットが誰なのかを見極めましょう。

年齢・性別・地域・職業・趣味など広い視野からコンセプトも絞れるはずです。

ロゴの宣伝・影響効果を発揮するためにも、ターゲットを意識したデザインを心がける必要があります。

競合企業について知る

競合ブランドや商品について知ることで、他社との差異化やオリジナリティを生み出しやすくなります。

また業種が同じ場合、コンセプトも似る傾向があります。

類似したロゴをデザインしトラブルの元となる前に、コンセプト作りから他社を意識しましょう。

ロゴのストーリーを想像する

ロゴは文字やマークなど複数の要素から構成されます。

どのような過程を経てデザインが完成するかを把握した方が、圧倒的にロゴが作りやすくなります。

今後、ロゴとともに会社や商品が成長する上で、軸となるコンセプトもまとまりやすくなるでしょう。

確固たるコンセプトを持ってロゴデザインをしよう

いかがでしたでしょうか。

今回はロゴデザインのコンセプトを決めるコツについて紹介しました。

色・フォント・配置などの要素を決定する上で、コンセプトは土台となります。

ロゴデザインのブレない軸となるよう、徹底的なコンセプト作りを目指しましょう。

ロゴデザインの制作にお困りの方はこちらへどうぞ