MENU
MENU
お問合せ・ご相談はこちら

ロゴを構成する要素とはどんなもの?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業や商品のロゴは、日常生活のあらゆる場所で見かけますよね。

しかし、ロゴがどのような構成・成り立ちを持つかを理解している方は少ないと思います。

また、ロゴ制作の基本知識としてロゴの構成要素を把握していないと、納得のいくロゴをデザインできないでしょう。

そこで本記事ではロゴを構成する要素を徹底解説します。

ロゴの仕組みが気になる方、これからロゴを制作する方はぜひ参考にしてください。

ロゴを構成する要素

ロゴは複数の要素を組み合わせてできています。

ここではロゴの構成要素と、それぞれの要素が持つ特徴を一つひとつ見ていきましょう。

ロゴタイプ

ロゴには基本的に社名・ブランド名・商品名・サービス名が入っています。

このような文字をデザインしたものをロゴタイプと呼びます。

ロゴタイプは最もシンプルで分かりやすい要素です。

そのため顧客に名前を覚えてもらうために、必要不可欠な要素と言えるでしょう。

ロゴタイプがないロゴは滅多に見かけません。

シンボルマーク

多くのロゴはロゴタイプだけでなく、意匠・図形・マークも含んでいます。

このようなシンボルマークはデザインの自由度が高く、コンセプトや理念、世界観を表現しやすいです。

そのためロゴにおいて慎重な制作が求められる重要な要素となるでしょう。

また、ロゴタイプのみで構成されたロゴよりも遠目から見て分かりやすく、見る人にインパクトを与えます。

人々の印象に残りやすいため、会社や商品の親近感・安心感に繋がります。

ロゴはカラーバリエーションが豊富です。

ロゴタイプやシンボルマークの色だけでなく、背景色がメインとなるロゴもあります。

色が持つイメージは、厳格さ・親しみやすさ・ユニークさ・清潔さなど多岐に渡ります。

会社や商品・サービスのテーマカラーを用いることで、想いや価値観が伝わりやすくなるでしょう。

詳しくはロゴの色はどのようなイメージを持つのかで各色のイメージを紹介しているので、確認してみてください。

字体・フォント

種類が豊富なフォントは、それぞれ与える印象が大きく変わります。また、漢字や平仮名、ローマ字などの字体も慎重に選ばなくてはなりません。同じローマ字でも、小文字は大文字より親しみやすさを与えるなど、得られる効果が異なります。

顧客に与えたいイメージを明確にした上で、適切な字体・フォントを選ぶことが重要です。

さらにフォントは会社やブランド名、商品・サービス名だけに用いるものではありません。

会社や商品のキャッチコピーなどをフォントを変えて配置する場合もあります。

ロゴデザインのゴシック体が与える印象についても紹介しているので、フォントについて悩んでいる方は一度見てみるのもいいのではないでしょうか。

タイポグラフィ

タイポグラフィとは「デザイン化した文字」と「文字間の配置」の2つの意味を持ちます。

ロゴにおいて前者は主にロゴタイプを指すものです。

後者は文字間や行間、ロゴタイプ・シンボルマークの配置や並びなど、レイアウトを整えることで見やすい印象を与えるものです。

ロゴに用いる要素が決まったら、全体のバランスを見極めて、全ての要素が万全の効果を発揮できるように整えましょう。

全構成要素が重要な役割を果たしているロゴ

いかがでしたでしょうか。

今回はロゴを構成する要素について一つ一つ解説しました。

全ての構成要素がロゴの効果を十分に発揮させるための、重要な役割を果たしていることがお分かりいただけたと思います。

ロゴを制作する際は、これら全要素を考慮してバランスの整ったデザインを目指してみてください。

ロゴデザインの制作にお困りの方はこちらへどうぞ