MENU
MENU
お問合せ・ご相談はこちら

ロゴで使える欧文書体はどのような種類があるのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欧文書体と聞くとどのような文字を想像しますか?

ロゴで用いられる欧文書体には複数の種類があり、それぞれの特質が異なります。

ロゴをデザインする際、どのフォントを用いるか迷って決められない方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事ではロゴで使われる欧文書体を種類ごとに解説します。

これからロゴの制作を始める方は書体選びの参考にしてください。

ロゴで使える欧文書体を種類別に解説

ここではそれぞれの欧文書体が与えるイメージを種類ごとに見ていきましょう。

今回は大きく4つに分けて紹介します。

セリフ体

別名ローマン体ともいい、日本語では明朝体と認識される書体です。

セリフとは文字の先端にある小さい爪のようなもので、明朝体でいう「うろこ」や「ひげ」と呼ばれるパーツです。セリフが付くとクラシックで重厚感のある印象となります。

さらにセリフ体はオールドフェイス・モダンフェイス・トランジショナル・スラブセリフの4種類に分けられます。

オールドフェイスはセリフ部分がブラケット(三角)型で、伝統的・古典的な格式を感じさせます。

また滑らかで優しい曲線のため、女性的且つ知性的な印象も与えるようです。

モダンフェイスはセリフ部分がヘアライン(細い直線)になっています。

伝統的ではありますがオールドフェイスより近代的で洗練された高級感を醸し出します。

トランジショナルはオールドフェイスとモダンフェイスの中間です。

メリハリがあり軽やかで、読みやすく汎用性が高いことが特徴です。

スラブセリフは直線的で線の幅が均一になっています。

そのため力強い安心感やインパクトを与えるでしょう。

セリフ体の中ではTimes New RomanやRockwellなどが有名です。

サンセリフ体

日本語ではゴシック体とも呼ばれます。

セリフ(うろこ・ひげ)がなく、線の太さが均等な書体です。

装飾がないためシンプルかつスタイリッシュで、現代的な印象を与えます。

またサンセリフ体はグロテスクサンセリフ、ヒューマニストサンセリフ、ジオメトリックサンセリフの3種類に分けられます。

グロテスクサンセリフはサンセリフ体の起源であり最も古典的な書体です。

装飾がないため基準となり、汎用性が高く読みやすいことが特徴です。

ヒューマニストサンセリフはその名の通り人間味を持つ書体と認識されています。

柔らかい曲線が温かさや落ち着きを与え、エレガントで女性的な印象を持ちます。

ジオメトリックサンセリフは幾何学的な図形を基礎としている書体です。

直線や円弧が用いられ、現代的または未来的で独特な印象を与えます。

サンセリフ体の中ではFuturaやHelveticaなどが有名です。

スクリプト体

日本語では筆記体とも呼ばれます。

手書きが元となっており文字がつながっていることが特徴です。

その自由度の高さが人間らしい温かさや高級感を与えます。

デザイン性に溢れ洒落た印象を与えますが、読みやすさに欠けるため注意が必要です。

筆文字でできたカリグラフィックスクリプトや、重々しくゴシック体に近いブラックレタースクリプトなどの種類があります。

デコラティブ書体(ディスプレイ書体)

デザイン性や芸術性を重視した個性的な書体です。

表現の自由度が高く、与えるインパクトも強いようです。

ただし他社の既存デザインと似てしまうと、トラブルの元となるため注意してください。

欧文書体を使ってロゴのコンセプトを伝えよう

いかがでしたでしょうか。

欧文書体はバリエーションが豊かで、それぞれが持つ心理的効果が様々であることがお分かりいただけたと思います。

ロゴにおいて書体の選択は重要です。

ロゴを構成する要素の中で色に続いて分かりやすく、見る人に大きなインパクトを与えます。

企業理念やコンセプト、商品・サービスの内容を考慮して、雰囲気に合った書体を選びましょう。

ロゴデザインの制作にお困りの方はこちらへどうぞ