MENU
MENU
お問合せ・ご相談はこちら

ロゴタイプとシンボルマークの違いとは?企業ごとのおすすめマークも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゴマークには、ロゴタイプ・シンボルマークという2つの異なる種類があります。

会社の象徴とも言えるロゴマークを自社で作成する場合、どちらのタイプが自社に適しているか迷う方も多いでしょう。

そこで今回は、それぞれの概要や違いを解説しながらメリットやどちらがどのような企業に向いているのかを紹介します。

ロゴタイプとシンボルマークの違いとは

ロゴタイプとシンボルマークには、それぞれ異なる特徴があります。

意味やメリットをご紹介しながら、それぞれに向いている企業について解説します。

ロゴタイプとは

ロゴタイプは、ブランドや企業名をオリジナルのロゴにしたものを表します。

社名のみをアレンジしたものになるため、絵柄などのデザインは施されないものになります。

タイポグラフィを使用するなどフォントにアレンジを効かすことでオリジナリティを出します。

 

ロゴタイプのメリット

ロゴタイプのメリットは、社名をロゴ化できるため、一目で会社の名前を覚えて

もらえる可能性が高まります。

オリジナリティを持たせづらいと思われがちですが、社名もアレンジ一つでデザイン性を持たせることで、人々にシンボルとして印象づけることも可能です。

社名を全面に押し出したい場合にも役立つものになります。

 

ロゴタイプに向いている企業とは

企業名が短くキャッチーなものを採用している企業の場合、社名をロゴ化して作るのもおすすめです。

また企業専用のフォントを作ることで、見た目のインパクトと認知度の向上にも繋がります。

シンボルマークとは

シンボルマークは、ブランドや企業が独自でデザインしたマークのことです。

上記のタイプと異なり社名を含まずにマーク化し、会社の歴史や企業理念などを含んで作る企業も多くあります。

またその名の通り会社のシンボル(象徴)となりうるため、人々の記憶に残りやすいものを作るよう意識することがポイントです。

 

シンボルマークのメリット

メリットとしては、一目で社名が頭に浮かぶため、覚えやすいという利点があります。

イメージ戦略のためにインパクトを重視したものを作成する企業もあり、商品やブランドへの想いなども込められます。

企業やブランド側にとっても愛着が湧きやすくなるのも一つのメリットです。

 

シンボルマークに向いている企業とは

社名が長くロゴ化しにくい場合に会社を表すものを一つ作ると覚えやすくなります。

「TSUTAYA(ツタヤ)」のように頭文字をアレンジしてデザイン化するのも有効的な手段です。

ロゴタイプとシンボルマークの組み合わせも可能

ロゴは、社名だけのもの・マークだけのものと分けるだけでなく、両方を組み合わせたものも存在します。

それがいわゆるロゴマークと言われるもので、文字を表すロゴと絵柄を表すマークを組み合わせます。

スポーツ用品ブランド「adidas(アディダス)」やコンビニ「LAWSON(ローソン)」などもロゴとシンボルが組み合わせて作られています。

ロゴタイプとシンボルマークの違いを知って会社に適したロゴづくりを

いかがでしたでしょうか。

本記事をお読みいただくことで、ロゴタイプとシンボルマークの違いをご理解いただけたと思います。

これから自社でロゴマークを作る予定の企業は、ぜひ本記事を参考にマーク作りに活かしてみてください。

 

こちらはLogoLogoというロゴデザイン制作会社のサイトです。

見栄えの良いデザインを納品するのではなく、お客様のビジネスも見据えたデザインの提案を行っております。

ロゴデザインの制作にお困りの方はこちらのサイトをご参照ください。

ロゴデザインの制作ならLogoLogo