MENU
MENU
お問合せ・ご相談はこちら

ロゴ変更は企業にとってデメリット有り!知らないと危ないロゴ変更のリスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リード文

宣伝効果やイメージアップなど、良いイメージがあるロゴ変更ですが、メリットだけではなくデメリットもあることをご存知でしょうか。

本記事では、ロゴのデザイン変更がもたらすデメリットを解説します。

ロゴ変更を担当する際は、企業に与えるデメリットを知っておきましょう。

 

【ロゴ変更のデメリット】企業の顔の変化で認知低下の可能性

今まで認識されていたロゴから新しいデザインに変更するため、元々知っている方からも知らない会社だと思われてしまう可能性があります。

既存のデザインから大幅な変更を加えれば加える程、認知度の低下に繋がるかもしれません。

企業ロゴを変更する際には、認知度の低下を招かないように注意が必要です。

 

【ロゴ変更のデメリット】名刺など各種変更手続きが必要

ロゴの変更に伴って、既存の名刺や看板など、様々な宣伝媒体のデザイン変更が必要となります。

ホームページのロゴ変更もあり、各種変更手続きに費用がかかるでしょう。

変更手続きにどのくらいの予算が必要なのか、ロゴ変更前に確認しておく必要があるでしょう。

 

企業イメージを崩さないよう注意

ロゴのデザインは、企業のイメージを大きく左右します。

ロゴの変更となれば、今まで作り上げてきた企業イメージにも影響するでしょう。

そのため、企業イメージを損なわないロゴデザインを提案する必要があります。

デザインの変更を担当する際には、企業イメージを意識したロゴを作成することが、成功のポイントとなるでしょう。

 

こちらはLogoLogoというロゴデザイン制作会社のサイトです。

見栄えの良いデザインを納品するのではなく、お客様のビジネスも見据えたデザインの提案を行っております。

ロゴデザインの制作にお困りの方はこちらのサイトをご参照ください。

ロゴデザインの制作ならLogoLogo