MENU
MENU
お問合せ・ご相談はこちら

ロゴデザインをコンペで決めるときの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゴデザインを外部に発注する際、依頼先は多数あります。

その中でも、クラウドソーシングサイトを利用する方は多いのではないでしょうか。

クラウドソーシングサイトでの依頼方法は、プロジェクト形式とコンペ形式があります。

コンペ形式では価格を自由に設定でき、比較的短期間で多くのデザイン案を集められます。

しかし、ロゴデザインをコンペで決定する時には慎重にならなくてはなりません。

そこで本記事では、ロゴデザインをコンペで決める時の注意点を紹介します。

これからコンペでロゴデザインを制作しようと考えている方は、参考にしてください。

ロゴデザインをコンペで決めるときの注意点

ここではロゴデザインをコンペで決めるときに注意したいポイントを見ていきましょう。

一貫したコンセプトを持つ

クラウドソーシングサイトのコンペ形式では、不特定多数のデザイナーからロゴ案が集まります。

テイストの全く異なるロゴ案があると、迷ってしまう方も多いようです。

採用ロゴを選ぶ際に、無駄に時間をかけないためにも、一貫したロゴのコンセプトを持つことが重要です。

ロゴの目的や伝えたいメッセージをしっかりと持ち、作成の軸とすると選びやすくなるでしょう。

妥協しない

ロゴ案を募集したとしても、期間内に集まったデザインの中に、心から気に入るデザインがない場合もあります。

クラウドソーシングサイトでは、プロアマ関係なくコンペに参加可能です。

そのためロゴのクオリティもピンからキリまであります。

気に入ったロゴデザインがない場合は、妥協せずに見送ることもできます。

その際は、もう一度条件を修正して募集するか、デザイン事務所などを通しての制作も検討しましょう。

修正できないものと捉える

コンペに集まったデザインの中からロゴを決めた後、修正できるかは分かりません。

契約によっては修正可能かもしれませんが、追加費用がかかることもあります。

そのため基本的には、集まったロゴ案は全て完成版として審査するように心がけましょう。

類似品がないかを確認する

クラウドソーシングサイトでは、経験や実績に関わらず様々なデザイナーが参加可能です。

デザイナーの質が保証されないため、デザイン案には細心の注意を払いましょう。

特に、ロゴが既存デザインを模倣した類似品でないかのチェックは、入念に行ってください。

もしもロゴが他社の既存ロゴと類似していた場合、剽窃が疑われ、トラブルに発展する場合があります。

最悪の場合、法的に裁かれる恐れもあります。

ロゴギャラリーサイトやロゴ販売サイトなどに目を通し、自社ロゴデザインの安全を確保しましょう。

複数の視点を持って決定する

集まったデザイン案の中からロゴを選ぶ際、一人の独断で決めない方が良いでしょう。

ロゴは会社や商品の成長に寄り添い、長く使われるものです。

社内のモチベーションや意識が共有されるように、多数が満足のいくデザインを選びましょう。

コンペで集まったロゴ案は、複数人で客観的に話し合って採用を決めるべきです。

コンペの利点を生かして素敵なロゴを選ぼう

いかがでしたでしょうか。

今回はロゴデザインをコンペで決める際の注意点を解説しました。

コンペ形式では、低価格かつ短期間で多くのロゴ案を集めることができます。

社員皆が気に入るような、自社に合ったオリジナルのロゴを選びましょう。

ロゴデザインの制作にお困りの方はこちらへどうぞ