MENU
MENU
お問合せ・ご相談はこちら

ロゴの色はどのようなイメージを持つのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業や商品のロゴデザインを支える、重要な構成要素の一つが色です。

色はそれぞれ見た者に与える効果が異なります。

そこで本記事ではロゴの色が持つイメージを色ごとに徹底解説します。

これからロゴデザインを始める方はぜひ参考にしてください。

ロゴの色が持つイメージ

ロゴのカラーバリエーションは豊富です。

文字やシンボルマークだけでなく、背景色も大きなインパクトを与えます。

それぞれの色がどのような心理的効果を持つのか、代表的な色ごとに確認しましょう。

赤はアグレッシブで鮮烈な印象を持ちます。

ポジティブイメージは情熱・愛・エネルギー・パワーなど、ネガティブイメージは怒り・威嚇・警戒などです。

赤は見る者の注意を引き、興奮させる効果を持ちます。

実際に飲食店や衣料品、自動車メーカーなど幅広く使われているようです。

青は静的で落ち着いた印象を持ちます。

ポジティブイメージは爽快感・クールさ・知性・安堵など、ポジティブメージは冷たさ・悲しさ・不安などです。

青は集中力を高め、鎮静させる効果があります。

銀行やIT系で青いロゴをよく見かけるでしょう。

緑は自然との関連性があり安らいだ印象を持ちます。

ポジティブメージは調和・健康・安全・エコなど、ネガティブイメージは苦味・未熟さ・暗さなどです。

緑は緊張を和らげリラックスさせる効果を発揮します。

自然環境系、日用品メーカーで用いられる傾向にあるようです。

黄はアクティブで輝いた印象を持ちます。

ポジティブイメージは明るさ・無邪気さ・喜び・ユーモアなど、ネガティブイメージは注意・奇抜さ・落ち着きのなさなどです。

赤と同様見る者の注意を喚起し、活発化させる効果を持ちます。

飲食店などでは黄色いロゴをよく見かけるのではないでしょうか。

橙(オレンジ)

橙は温かみがあり身近な印象を持ちます。

ポジティブイメージは陽気さ・親しみやすさ・食欲喚起など、ネガティブイメージはくどさ・暑苦しさなどです。

橙は見る者の気持ちを開放させ、意思疎通や交流を活発にする効果があります。

飲食店や旅行、エンタメ、人材系企業で多く使われています。

桃(ピンク)

桃は女性的で優しい印象を持ちます。

ポジティブイメージは母性・愛情・安らぎ・幸福・可愛らしさなど、ネガティブイメージは下品・甘え・幼稚さなどです。

桃は見る者を包み込み、血行の促進や女性ホルモンの分泌促進に効果を発揮します。

女性系メディアや結婚・恋愛・育児系のロゴは桃色のケースが多いようです。

紫は表現や受け取り方により幅広い印象を持ちます。

ポジティブイメージは神秘性・高級感・芸術性など、ネガティブイメージは妖しさ・不気味さ・欲望などです。

紫は感性を刺激する効果を持ちます。

化粧品や衣料品、芸術系で見かけることも多いのではないでしょうか。

黒は重く落ち着いた印象を持ちます。

ポジティブイメージは高級感・スタイリッシュさ・謙虚さなど、ネガティブイメージは暗さ・孤独さ・閉塞感・圧力などです。

黒は見る者に重厚さを感じさせる効果が持ちます。

ファッションや電化製品メーカーなどではシンプルな黒のロゴをよく見かけます。

灰(グレー)

灰はフラットでバランスの取れた印象を持ちます。

ポジティブイメージは上品さ・スマートさ・安定感など、ネガティブイメージは不透明さ・地味さ・陰気・疲労感などです。

灰は見る者に良くも悪くも曖昧さを感じさせる効果を持ちます。

高額商品や電化製品メーカーは灰色が採用されることが多いようです。

白は潔白で新鮮な印象を持ちます。

ポジティブイメージは透明感・明るさ・信頼・美しさ・平和など、ネガティブイメージは無気力・味気なさ・冷たさなどです。

白は見る者の気分をリフレッシュする効果があります。

ファッションメーカーなどでは白いロゴをよく見かけるのではないでしょうか。

ロゴで色を使う時はコンセプトに合ったものを選ぼう!

今回は色が持つ心理的イメージを解説しました。

自社に合った色を見つけることができたでしょうか。

デザインの際にはロゴの目的や企業理念に適合する色を選びましょう。

ロゴデザインの制作にお困りの方はこちらへどうぞ