MENU
MENU
お問合せ・ご相談はこちら

ロゴタイプの意味を説明!ロゴの印象はロゴタイプで変わる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ロゴを作成する上で重要なのは、ロゴタイプのデザインです。

知名度の高い企業は、ロゴタイプにこだわりがあるのをご存知でしょうか。

 

本記事では、ロゴタイプの特徴や、デザインに与える影響を解説します。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

ロゴタイプの特徴

ロゴに使用されている文字列を意味する言葉が、ロゴタイプです。

企業名やブランド名をマークではなく、デザインされた文字で表記します。

デザインやフォントよって配置されている場所は様々ですが、企業名やブランド名を認知しやすいため、ブランディングに高い効果を発揮します。

印象的なロゴタイプが、多くの人に親しまれるロゴを生み出すと言えるでしょう。

印象に残るデザインはロゴタイプから

ロゴタイプを活用して企業やブランド名の知名度アップにつなげるには、フォント選びが重要です。

フォントによって、ロゴの印象が大きく左右されます。

例えばゴシック体は親しみやすいイメージが強く、明朝体であればしっかりとした印象作りが可能です。

このように、顧客へ与えたいイメージを考え、ロゴタイプに使用するフォントを選びましょう。

ロゴタイプはフォントが命

いかがでしたでしょうか。

本記事をお読みいただくことで、ロゴタイプの重要性をご理解いただけたと思います。

企業の顔とも呼ばれるロゴデザインは、とても重要なシンボルです。

そして、印象に残るロゴは、ロゴタイプに力を入れています。

デザイン性の高いロゴ作成には、ロゴタイプに使用するフォント選びが重要であることは言うまでもありません。

ロゴタイプにこだわり、印象に残るロゴを作ってみてください。

 

こちらはLogoLogoというロゴデザイン制作会社のサイトです。

見栄えの良いデザインを納品するのではなく、お客様のビジネスも見据えたデザインの提案を行っております。

ロゴデザインの制作にお困りの方はこちらのサイトをご参照ください。

ロゴデザインの制作ならLogoLogo