MENU
MENU
お問合せ・ご相談はこちら

ロゴマークとは?定義や種類の特徴も解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ブランドや企業を象徴する役目を持つロゴマークとは、いったいどんなものを表しているのでしょうか。

本記事では、本来の意味やロゴマークを作ることで会社にとってどのようなメリットがあるのかを詳しく解説します。

またそれぞれ種類ごとの特徴についても併せて紹介します。

ロゴマークの意味とは

ロゴマークとは、会社名やブランド名、商品などをデザインしてオリジナリティを出した「logo(ロゴ)」にブランドを図案化・装飾化した「mark(マーク)」を組み合わせた言葉です。

会社の企業理念を取り入れたり、メッセージ性を込めたりするなど、企業によってそこに込める意図は異なります。

ロゴマークを作る効果とは

ロゴマークを作ることは、会社やブランドのイメージ戦略に繋がります。

ロゴは、会社の顔となることから、人々にインパクトを与えるようなデザインを好む会社も多く、認知度の向上に大きく影響します。

そこに社名が入っていれば、社名を人々に覚えてもらいやすいというメリットもあります。

またパンフレットや雑誌の広告などの各種媒体でも使用できるなど、メディア戦略においても重要な役割を持ちます。

ロゴマークの種類と特徴

ロゴマークには、どのような種類があるのか、そしてそれぞれの特徴について解説します。

シンボルマーク

シンボルマークとは、ブランドや企業などを文字通りシンボル化したものを表します。

多くのブランドや企業は、上記のマークに会社の企業理念や歴史、経営戦略などを取り入れ、会社の象徴となるマークを作ります。

シンボルマークは、あくまでもマークのみとなるため社名は含まれません。

例えば「マクドナルド」や「スターバックス」などはマークのみで作ったシンボルタイプのロゴマークです。

ロゴタイプ

ロゴタイプとは、ブランドや企業などの会社名をデザインしてロゴ化したものを表します。

シンボルマークと異なり社名をアレンジしたものになるため、会社だけのオリジナルフォント作る会社もあります。

ロゴタイプを採用している代表的な起業として「Google」や「Coca-Cola」などが挙げられます。

ロゴマークの意味を理解して会社のマークを作ろう

いかがでしたでしょうか。

本記事をお読みいただくことで、ロゴマークについてご理解いただけたと思います。

またシンボルマークやロゴタイプと言った異なる種類の特徴や事例についても解説しましたので、自社のロゴ作りの参考にしてみてください。

 

こちらはLogoLogoというロゴデザイン制作会社のサイトです。

見栄えの良いデザインを納品するのではなく、お客様のビジネスも見据えたデザインの提案を行っております。

ロゴデザインの制作にお困りの方はこちらのサイトをご参照ください。

ロゴデザインの制作ならLogoLogo